デオドラント用のブレンド方法について


レモングラスはレモンの香味成分であるシトラールを含んでいるため爽やかな柑橘系の香りがし、その精油を使用することにより冷え性の改善等が期待でき、さらに虫が嫌う匂いの一つであり虫よけスプレーに使用されます。
サイプレスは檜によく似た香りですが少しスパイシーな匂いもして、消臭効果に優れた香りの一つですし、イライラした時や集中力がないときに嗅ぐと気分を落ち着かせて安定に導きます。
パインは松から採取した精油で新緑の様な匂いで精神を安定させたり、また抗菌作用もあるので喉の痛みや鼻詰まりなどを緩和してさらに消臭効果もあります。
精油でアロマスプレーを作る場合、用意するものは無水エタノールと精製水、お好みの精油とスプレーボトルですが、スプレーボトルは遮光のものを使いましょう。
アロマスプレーを使い切る目安は約一週間です。
無水エタノール5mlに対して精製水は50mlを目安にし、精油は4~5滴入れます。
ルームフレグランスにしたい場合は、無水エタノール5mlに対して精製水は25ml、精油は10滴が限度です。
精油は水に溶けにくいので、必ず精油と無水エタノールを先に混ぜ合わせてから水を加えましょう。
瓶に竹串を数本刺して簡易アロマスティックも作れます。
その場合は無水エタノール20mlに対して精油を20滴入れますが、その際に精製水は入れなくても構いません。
もし入れるのなら10ml入れる程度で良いでしょう。

コメントは受け付けていません。